山田所長ブログ facebook 杏林予防医学研究所

8月3日

2020.08.03 Monday 14:00 | comments(0) | kpmi0008

昨日は第5回アドバンスセミナーでした。
今回のアドバンスセミナーは『脳機能改善プログラム』と題して、日本が直面している脳の健康問題について講義しました。
今、世界各国で増え続けている脳や精神機能の疾患は明日誰がなってもおかしくない“身近な病気”となりつつあります。実際、日本でも青少年の自殺が世界で最も多い国であり、あるいは、うつ病や自閉症や引きこもりなど心の問題が急増しています。そして日本はそれを解決する方法として精神科や心療内科しか道がなく、処方される薬を疑いもせず内服するというパターンが出来上がっています。ところがそこにはとんでもない落とし穴があります。なぜ落とし穴があるかというと、これらの薬はゴールが見えない。常に薬を飲み続けなければいけないという問題と、やがて深刻な副作用が現実に発生します。そしてその副作用の例が薬による自殺者を増やすということです。日本人が世界で自殺が多いといわれる一つの理由は、薬医学が蔓延していることが原因です。
このテーマはみなさんの関心が高いということもあって、全国から医師・歯科医師の先生をはじめたくさんの方にお集まりいただきました。
『脳機能改善プログラム』と言っても難しいことはありません。仕組みを理解していただければ、明日から誰でも始められることばかりです。ただ皆さん知らないだけなのです。
集まっていただいた皆さんが中心となってこの理論を広めていただき、多くの人が救われるとうれしいです。
遠方からご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

コメント
コメントする

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

 最新記事

 アーカイブ

 モバイル

qrcode

 山田豊文所長プロフィール

 ページ内検索

 その他

ページトップへ