山田所長ブログ facebook 杏林予防医学研究所

4月16日

2020.04.16 Thursday 11:07 | comments(0) | kpmi0008

『お茶が新型コロナに有効だという記事がFacebook側によって削除されました』

 私のFacebook投稿記事を読んでくださっている皆さま、いつもありがとうございます。
 さて、標題にしましたように、新型コロナウイルス対策の第6弾として発信しました『新型コロナウイルス対策として、すぐに緑茶を飲んでください!!』という投稿記事が、「この投稿は身体的危害につながる偽情報に関するFacebookコミュニティ規定に違反しています」という理由で、Facebook側(Facebook社)によって強引に削除されてしまいました。

 Facebook社が言うコミュニティ規定とは、「Facebookは、身体的危害につながる偽情報によって利用者がFacebookで不安を感じることがないよう、これらの規定を設けています。」ということのようです。では、「お茶を飲んでください」という記事の、何が「身体的危害につながる」というのですか?「お茶が新型コロナウイルスに有効」という内容の、どこが偽情報なのですか?

 規定の更なる詳細を見ると、次のように書かれています。「Facebookでは、暴力や扇動につながる偽情報を禁止しています。場合によっては、これには、病気の治療法または予防法について人々に誤解を与える可能性がある、または人々に医療を求めることを思いとどまらせる可能性があると、定評のある保健機関が判断した情報が含まれます。新型コロナウイルス(COVID-19)に関する信頼性の高い最新情報は、世界保健機関(WHO)から入手できます。 who.intにアクセス」というものです。

 上に書かれている「病気の治療法または予防法について人々に誤解を与える可能性がある…」のは、今回のFacebook社の削除行為のほうではないのでしょうか?

「人々に医療を求めることを思いとどまらせる可能性がある…」いうことにつきましては、新型コロナウイルスに感染した疑いがある場合、まずは自宅待機が勧められているのが現状です。医療を求めても医療機関に掛かれないのです。従って、「お茶を飲みましょう」と勧める行為は、上記の既定には全く当てはまらないのではないのでしょうか?

 「信頼性の高い最新情報は、世界保健機関(WHO)から入手できます」の件につきましては、日本の緑茶のことを、WHOがどこまで知っているというのですか? 信頼性?? 新型コロナウイルスによる死者が日本において少ないのは、WHOのお陰ではなく、緑茶や木々の精油、和食などを含めた、日本の伝統的な生活様式が成し得た結果なのです。

 エピガロカテキンガレートを含めたカテキン類の研究論文は非常に多くありますが、当然のことながら、信頼性の高い最新情報を厳選して皆さまにお届けしています。反対に、政府が勧めているアビガンをはじめ、ヒドロキシクロロキン、クロロキン、カレトラ、オンパロットなどは、その危険な副作用を隠蔽した状態で国民に勧めようとしています。この行為の、どこが信頼性の高い最新情報なのですか?

 Facebook社の方々、以上の質問に、しっかりと答えていただきたいと思います。あなた方は、日本国民の新型コロナウイルスによる被害を増やす行為をされているのです。お解りですか?そのような理不尽な行為は絶対に許されるべきではありません。

 最後になりましたが、私のFacebook投稿記事を読んでくださっている皆さま、いつも本当にありがとうございます。正しい情報を発信し、それが削除されようとも懲りることなく、今後も有益かつ最新の情報をお届けし続ける所存でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメント
コメントする

 カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

 最新記事

 アーカイブ

 モバイル

qrcode

 山田豊文所長プロフィール

 ページ内検索

 その他

ページトップへ