山田所長ブログ facebook 杏林予防医学研究所

11月24日

2019.11.24 Sunday 12:55 | comments(0) | kpmi0008

先週の東京セミナーに続き定例セミナーの大阪会場が終了しました。
今回も沢山の方が参加して下さいました。

食事、朝の光、瞑想、散歩、音や音楽、仕事、人間関係、何気ない日常の習慣があなたの遺伝子を大きく変え、運命もかえる!

私達の細胞には、目に見えない程の小さな世界に1、8mもの長さの遺伝子が格納されています。
そこには人類の長い歴史の過程で獲得してきた驚異の機能が隠されています。
私達が生を受けて長い人生でけがや故障などの様々な深刻な状況に度々遭遇しますが、そうした緊急時に、見事に火消しをしてくれる驚異の遺伝子群があります。自然の中で生きる動物には病院も薬もないのに、病気と無縁で生き抜くことが出来るのは、まさにその機能が身体を守ってくれているからです。
ガンになるのもならないのも、なってしまったものを元にもどすのも、1番大切のは、抗がん剤の投与などではなく、どうすればそれを発現させることが出来るかという事に気付くことなのです。
講演では、全身に転移して余命を宣告された人が、生き方を変えてがんが消えていったといういくつかの例も紹介しました。またアルツハイマーの主原因である脳内にたまるβアミロイドが消えていくという話も紹介しました。日本では2人に1人がガンになり認知症や鬱病も急増しています。若者の自殺は文明国で世界一です。日本は今こそ大きく変わる時です。

キーワードは水や光や音などの環境因子に関係します。いい環境悪い環境その差が人生を大きく変えるのです。この理論は誰でも効果があり、家庭でも学校でも簡単に始める事が出来ます。

あなたの人生を今この瞬間から根本から変える!
参加された皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
ページトップへ