山田所長ブログ facebook 杏林予防医学研究所

6月28日

2019.06.28 Friday 14:33 | comments(0) | kpmi0008

昨日の投稿でも少しご紹介した、私の新たな監修ムックが手元に届きました!

タイトルは『老けない、わたしの習慣』(大人のおしゃれ手帖特別編集/宝島社)です。

宝島社の担当者から「“老けない”というテーマなら山田先生しかいないでしょう!」ということで再び熱烈オファーを頂き、私が全体監修を務めた宝島社のムックとしては実に7作目の「老けないシリーズ」が登場することになりました。

今回のムックの大きな特徴のひとつは、老けない食習慣や生活習慣を実践している方々の具体例が紹介されていることです。その中には、以前からご縁のあるギタリストの村治佳織さんのほか、杏林アカデミーの講座を受講された方々にも登場していただきました。ご協力いただいた皆さんには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

もうひとつは、監修にあたって「細胞環境デザイン学」の視点をこれまで以上に重視したことです。実際、ムックのサブタイトルも「60兆個の細胞から若返る暮らしの知恵」となっていて、細胞の環境を整えることで、生活習慣病などの「許せない老化」をできる限り回避しましょうというメッセージを随所にちりばめました。少し専門的で複雑な内容も、そこはすでに勝手知ったる間柄、先方の制作スタッフが適切な図解などを通じて分かりやすくまとめてくれました。

そしてなんといっても、山田式「スーパーミネラル玄米ご飯」の紹介です。力士たちにも伝えてきた高炭水化物食、高マグネシウム食、そして自然に噛むことのできる食習慣。これぞ、日本人が世界のなかでも特化して健康を誇ってきた源です。

白米が主食の「病気をつくる食事」と、玄米を柱とした「病気を治す食事」。この対比は、両者の決定的な違いを端的に示しています。これほど当たり前で大切なことを見落としてきた現代栄養学には笑うばかりです。それとは逆に、「病気を治す食事」は、日本を、世界を変える力があります。

来週7/2(火)発売の今作も、ぜひお読みになってください!

◆山田豊文・監修『老けない、わたしの習慣』(宝島社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4800294517

 

コメント
コメントする

 カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

 最新記事

 アーカイブ

 モバイル

qrcode

 山田豊文所長プロフィール

 ページ内検索

 その他

ページトップへ