山田所長ブログ facebook 杏林予防医学研究所

6月27日

2019.06.27 Thursday 12:56 | comments(0) | kpmi0008

昨日は、大相撲名古屋場所(7月場所)に向けて稽古中の、宮城野部屋の宿舎(トヨタスポーツセンター)を訪れました。

今回は横綱白鵬関からの依頼で、炎鵬関と石浦関にも私の理論を詳しく教えてほしいということで訪問し、当初は、この3人に声をかけて話をするつもりでした。ところが、いざ宿舎の稽古場に行くとテレビ局の記者やアナウンサー、カメラマンも来ていて、なんとその中で部屋の力士たちが腰を下ろして私の話を40分も聞いてくれるという、思わぬ貴重な機会を得ることができました。

そこでは、スポーツにおける高炭水化物食の重要性、それに伴う高マグネシウム食の重要性をメインに話しました。昔の日本人が肉などを食べないのにいかにパワフルで健康的だったか、今の食事がいかに疲れやすく怪我や現代病の原因であり、中でも相撲ではとりわけ大切であることを、資料と共に分かりやすく伝えてきました。

そしてその場の全員で、私が持参した特製マグネシウム玄米のおにぎりをよく噛んで食べてもらいました。宮城野親方にも一緒に話を聞いていただいたのですが、親方は「自分の若い頃は麦飯をどんぶり10杯食べていた」「その頃は今のような怪我などなかった」と、私の話を補強してくださいました。

それにしても、こんなふうに部屋の力士全員が座って、しかもマスコミの方々も一緒になって私の話を聞いてくれるなんて、まったく想像できませんでした。今回の出来事をきっかけに、日本のスポーツ界だけでなく子供達の給食でも、穀菜食の柱となる玄米ご飯の習慣が広まっていくことを願ってやみません。

思いがけず、実に感動的な一日となりました。

なお「特製玄米ご飯」のレシピを含め、山田式穀菜食や生活習慣のポイントを紹介した、私の新たな監修ムックがもうすぐ発売されます。これまでの「老けないシリーズ」とはまた一味違ったテイストの仕上がりになりましたので、ぜひお読みになってください!

『老けない、わたしの習慣』(大人のおしゃれ手帖特別編集/宝島社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4800294517

 

 

 

 

コメント
コメントする

 カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

 最新記事

 アーカイブ

 モバイル

qrcode

 山田豊文所長プロフィール

 ページ内検索

 その他

ページトップへ