山田所長ブログ facebook 杏林予防医学研究所

11月24日

2018.11.24 Saturday 14:54 | comments(0) | kpmi0008

昨日から明日までの3日間で、杏林アカデミー上級講座を開催しています。今年最後を締めくくる講座です。

先日の投稿でもお伝えしたように、今日の午後からは「がん」の講義を特別に実施しています。

一般の人だけでなく、医師や医療従事者でさえ大半が抜け出せずにいる、がんに関する先入観や誤解を根本から覆すと共に、がんとはいったい何か、どう予防し、どう治療していくべきかを深く正しく理解し、そして実践していく・・・。そのために役立つのは、細胞環境デザイン学に基づくこの講座だけだと、自信を持って断言します。

結局のところは、がん細胞の立場になって考えれば、答えはおのずと導かれるのです。いたってシンプルなのですが、その境地に達するためには、中級講座や上級講座を通じた多くの気づきや学びが不可欠です。

また先日、NHKの「ガッテン!」という番組で、オメガ3の重要性、なかでも脂質栄養と子どもの健康に関するテーマが取り上げられたのは、非常にタイムリーでした。世の中の流れが変わってきている風潮を強く感じます。その一方で、こうしたことを大学の医学部でいっさい教えない日本。いつになったら現代医療が変わっていくのだろうかと、改めてやるせない気持ちにさせられました。

同時に、日本を変えていくために今後も地道な活動を続けていくことこそ、杏林アカデミーの使命であり、細胞環境デザイン学の存在意義なのだと改めて認識しました。

今回の講座にも、北は北海道から南は奄美大島まで、まさに全国津々浦々から紅葉の京都に集結してくださいました。三連休の大混雑の中、苦労してお越しくださった皆さんに深く感謝すると共に、1日も早く日本の医療を変えていくべく、引き続き講義に取り組んでいきます。

 

 

 

 

コメント
コメントする

 カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

 最新記事

 アーカイブ

 モバイル

qrcode

 山田豊文所長プロフィール

 ページ内検索

 その他

ページトップへ