山田所長ブログ facebook 杏林予防医学研究所

5月24日

2018.05.24 Thursday 11:17 | comments(0) | kpmi0008

5月20日の日曜日は、「薬のグリーン会」によって主催される講演会にて講演をさせていただきました。大変よい機会を与えてくださったことに、深く感謝申しあげます。この会は、“地域の皆様の「健康第一」を考える、かかりつけのくすり屋さんのグループ”と標榜されており、これからの薬店は薬より食生活や生活習慣を見直す方向にシフトすべきという趣旨で私に講演の依頼をいただきました。200名近い方が参加して下さいました。

周囲を見渡してみれば、一人の人が何種類もの薬をもらって飲んでいるケースがあります。ある県の後期高齢者の例では、10〜14種類の薬を処方されている人が約20%、15種類以上の薬を処方されている人が約7%存在しているとの報告があります。それぞれの薬が処方された明確な理由はあるはずですが、これは余りにも多いと、誰もが思うはずです。ここまで多くなる理由は、一人の人が複数の診療科で受診し、更にまた別の医療機関をも受診したような場合、既に飲んでいる薬がチェックされないまま別の薬がどんどん処方されていってしまうことによって、いとも簡単に生じてしまう現象です。そのような人の場合、まさしく薬を食べて生活するという感じになるのではないでしょうか。そのようなとき、「健康第一」を考える薬屋さんのグループが存在し、アドバイスをいただける機会が与えられれば地域の皆様にとっては大変心強いことだと思います。

例えば、通常の四分の一程度のアスピリンを、血栓予防などを目的として常用している医師や薬剤師の方もいらっしゃることと思いますが、そのような使い方さえも、“本当は好ましくないのだよ”という姿勢を科学的根拠を示して患者さまに説明するのです。

実際のところ、血栓や過度の炎症を防ごうと思うのならば、体の中で作られる抗炎症性物質を、自分の体内でしっかりと作らせることを目標にすべきなのです。体の中で作られる抗炎症性物質とは、ω3系であるEPAやDHAを原料にして作られる、レゾルビンやプロテクチン、及びそれらの類縁物質のことです。これらの抗炎症性物質(正式には抗炎症性脂質メディエーター)は、アスピリンのような副作用は示しません。当然と言えば当然なのですが、アスピリンのようにCOXを阻害して下流域の全てをブロックするわけではないからです。
これらの抗炎症性脂質メディエーターは、治癒を進めるために必要な炎症が適度に起こった後、その炎症を速やかに収束に向かわせるように指示を与えるメディエーターです。ですから、最も自然な形で働くブレーキになるわけです。
もう一つ、アラキドン酸が、炎症性のプロスタグランジンや、血栓を起こすトロンボキサン、或いは炎症性のロイコトリエンに変換されるときに働くCOXやLOXは、ω3系のEPAやDHAが代謝されるときにも共通して使われます。そのため、これらのω3系の脂肪酸をしっかりと摂取することは、COXやLOXを忙しく働かせることになり、結果としてCOXやLOXの働きを抑制するのと同じことになります。換言すれば、COXやLOXがEPAやHDAの代謝にも力を割かなくてはならなくなるため、アラキドン酸からプロスタグランジンやロイコトリエンへの変換が犠牲になってしまうのです。これが、ω3系が抗炎症作用を示す二つ目の機序です。要するに、アスピリンはCOXを阻害しますが、EPAやDHAも同様の効果を示すことになるわけです。先に述べましたように、EPAやDHAの代謝産物そのものも炎症を収束させるように働きますから、これで二重の効果が発揮されることになります。

このようなことの詳細は、ここには書き切れませんので、杏林アカデミー中級講座の「脂質」の科目でお話しさせていただくことにしております。ご興味があるようでしたら、講座を受講していただければ幸いです。いま、ごく一例を申しあげましたが、ヒトの体や細胞は上手く出来ていて、人間の叡智が及ぶ範囲は極一部であって、その他の多くの生体反応は、細胞や、細胞が集結して出来上がっている組織や器官が自ら判断して起こしているものです。ただ、現代人はそれを活かしきれていないために、不健康になったり病気になったりしています。ですから、それを活かしきれるようにすることが予防医学であり、そのために不足している物を与えてやることも、私たちが考えなければならないことの一つです。そして、それが予防医学や健康実現への第一歩であると考えています。

医師や歯科、薬剤師さんなどの医療の専門家とされてきた分野で、これからの医療は、病気に向かうのではなく健康に向かうのが進むべき道であるという話に共感していただけました。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする

 カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

 最新記事

 アーカイブ

 モバイル

qrcode

 山田豊文所長プロフィール

 ページ内検索

 その他

ページトップへ